三遊亭 天歌​

 

Sanyutei      Tenka

公式ホームページ

 

​【 プロフィール 】

1982年7月22日生まれ。

宮崎県宮崎市瓜生野出身。

日向学院中学高校を経て、明治学院大学法学部へ。

在学時に落語研究会に所属。

卒業後は、塾講師・社労士補助・コールセンター・ネット販売などの仕事を経て、オムニバス小説を自費出版。

2009年12月、三遊亭歌之介(現4代目圓歌)に入門。

2014年11月、二ツ目に昇進し、「天歌」に改名。昇進時に寄席での40日間の出番で、日替わりで自作落語を披露し話題となる。

2015年4月より、宮崎日日新聞機関誌Rioにて、川柳のコーナーを担当。

 

2015年5月 BS笑点特大号、若手大喜利に出演。

 

2015年8月より、東京よりゲストを招き、県内7か所興行開始。以後、春夏秋冬、同イベント継続中。

2016年4月より宮崎市より「ふるさと先生」を拝命し、市内各校にて授業を通して落語の普及に努める。

2016年7月 こども落語全国大会の審査員に就任。

2018年6月 今までの巡業ゲストを一同に招いて「宮崎天歌らくご祭-2018豪華版-」を開催。大盛況のうちに幕を閉じる。

2019年、MRT開局65周年記念ラジオ番組「あんべらしゅーやっちょんなぁ」に出演。西米良村・えびの市・西都市・日南市油津にて収録。

ほか白鵬関の東京後援会パーティー司会や、BS12ミッドナイト寄席出演、宮崎へも月1週間程度活動するなどなど、多方面で精力的に活動中。

【 メディア情報 】

2018年6月10・11日、MRT(宮崎放送)の報道番組内で、宮崎天歌らくご祭の模様が紹介されました。

2018年1月14日の東京新聞にて

​浦和ひるま寄席の記事が掲載されました。

 

宮崎市

photon by Tenka

PRODUCED BY Tenka Sanyutei
承諾無く転用、転載または複製する事を禁じます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now